書評:リズ・マレー「ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで」

ニューヨークのサウス・ブロンクスで薬物中毒な両親の元に生まれ、生活費は月数百ドルの生活保護のみ。なにせ両親は薬物中毒なので僅かな生活費も麻薬に消えていく。やがてアパートの家賃の滞納が続き、ついに一家はホームレスに。そんな最悪の状況から名門ハーバード大学へ進学したリズ・マレーの嘘のような人生のお話。

「どん底からの逆転劇」というストーリーはよくあるけど、もしこの話がフィクションだったら設定が陳腐すぎてきっと面白くなかった。彼女に足りないのは成績ではなく、今日の食事だったなんていかにもな設定ですよね。

両親の薬物中毒の為に、リズが接点を持つ薬物依存症の支援グループがラインホルド・ニーバーの言葉をスローガンに掲げています。

ニーバーの祈り
神よ
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
引用元:Wikipedia – ニーバーの祈り

推測ですが支援グループがこの言葉をスローガンに掲げている理由は、薬物依存症は貧困に喘ぐ層に多いことから「過酷な生活は変えられないかもしれないがそれは冷静に受け入れ、それでも勇気を持って薬物に逃げることを辞めよう」と訴えたいからだろうと思います。

もし私が彼女と同じ状況にあったら「変えられない現実を冷静に受け入れる」という部分だけを絶望と共に眺めていたはず。でも彼女はそうしなかった。彼女は自分の置かれた状況を変えられるものと考えた。

母親の死をきっかけに、悲惨な生活から抜け出すため高校へ進学することを決意するリズ。興味深いのはこのときはリズ自身もハーバード大学なんてまだ夢にも思っていなかったことです。ただ「学校に行けばなんとかなる」という思いで、最初の一歩を踏み出した。

そこからリズはひたすら努力を重ねます。学費を稼ぐために身を粉にしてアルバイトをして、学費を抑えるために本来4年間のカリキュラムを2年間で終わらせようと猛勉強。飛び級で卒業するために猛勉強したことで成績が学年トップになって、初めてハーバードという大学を意識します。でもこの時になってもまだリズにとっては「そういう大学がある」というだけの認識で、ハーバードどころか大学進学さえ意識出来ない。だってリズには大学の学費が払えないから。でもそこから…。

私はP.442~P.443がこの本のクライマックスだと思います。リズは自分の人生を変えられるものと信じて勇気を持って行動し続け、自分に出来ることを全てやった。そして仮にその結果が悪いものであっても冷静にそれを受け入れる決意をした。リズにとって変えられないものとは、自分の意志に関係なく与えられた悲惨な生い立ちではなく、自分の意志で出来ることを全てやり尽くした上での結果のことなんですね。

目標に向かって努力しているときに読みたい一冊。

書評:マルクス・アウレリウス「自省録」

30代になってやっと読みました。

今で言うところのTwitterのつぶやきまとめ。主張は一貫していて「人生は短いのだから、つまらぬことに不満を抱くことなく、ただ善き行いをせよ」と。

不満を抱く対象として人間関係に繰り返し言及していたのは面白かった。今も昔も人間の悩みのタネは変わらないですね。

誰かに自分のことを非難されたとしても、逆に自分が誰かの欠点に不満を抱いたとしても、前者は自分の解釈次第だし、後者は自分もまた欠点を持っているのだから気にしてはいけない。ただ自分が善き行いをすることに専念すべし、というのが哲人マルクス先生の主張。

それを実践するのが難しいから苦労してるんですが…と思ったけど、誰かに見せることを考慮していない自省録の中でこのことが繰り返されている辺り、かの哲人マルクスも人間関係に苦しみもがきながら何度も自分に言い聞かせていたのかもしれないですね。そう考えるとそのひたむきさに励まされる。

投げやりな気分になったときに読みたい一冊。

2011ウィンターシーズン滑り納め at 軽井沢プリンスホテルスキー場

大晦日の今日、軽井沢プリンスホテルスキー場へ2011年滑り納めで行って来ました。
スノーボードを初めて三シーズン目、初めての軽井沢プリンスホテルスキー場です。

軽井沢プリンスホテルは広い。

スキー場単体で広い、というより、軽井沢プリンスショッピングプラザと軽井沢プリンスホテルと軽井沢プリンスホテルスキー場が一つの敷地に併設してあるので、全体として広い。
車で初めて行く際は少し気をつけたほうが良いと思います。
ロクに下調べもしないで行ったせいで、軽井沢プリンスホテルの敷地内で30分位車でぐるぐるしてました。

コースは上級コース以外は全てオープン。積雪約80cm。
アイスバーンではないけど、だいぶ固い雪面でした。
軽井沢プリンスホテルはファミリーがとにかく多くて、初心者コースは大混雑。

スキーヤーとボーダーの比率はスキーヤー8のボーダー2ぐらいで、ボーダーは肩身が狭い。
もともとスキーヤーが多いゲレンデなのかな。
スキーとスノーボードはターンのリズムが違うので、混雑してる中を滑るのは割と冷や冷やでした。

コースはどれも短いので、長距離を飛ばすのが好きな人は不満が溜まりそう。
軽井沢プリンスホテルスキー場は完全にファミリー用ゲレンデという趣ですね。

とはいえ近くにアウトレットモールもあるし、泊まりで行けば二日間遊び通せそうなゲレンデでした。
東京方面から車で行きやすいのも良いです。ただインター降りてから山道を少し走ることになるので、スタッドレスは必須です。

そんな滑り納め。来年何回ゲレンデに行けるかなー。

WRONG GEAR WARRIOR MASK TACTICAL delight plum ロングギア フェイスマスク
B006J1MHF0

フォルクスワーゲンのCM : The Force

気になったCM。小さなダースベイダー卿が必死になってフォースを使おうとするも、なかなか上手くいかず…。

上手くフォースが使えなくて悩むちっちゃいベイダー卿がかわいい。大人から見たら笑っちゃうような光景でも、当の本人は真剣なんですよね。世代によって違うだろうけど、僕が小さい頃は男の子全員がドラゴンボールのかめはめ波は撃てるものだと思ってたし。そして、ちょっと年を取って(大体中学生くらい)「何も知らずに、馬鹿なことやってた」と気付いて、恥ずかしさにえらく悶絶する。

年を取るに連れて、想像力をフルに働かせて好奇心の赴くままに行動するのが少しずつ難しくなってくる。腰は重くなるし保守的になるし。当たり前なんだろうけど。ただ時々思うのは、もっと年を取ったときに「(あの時は、自分がまだ若いということを)何も知らずに、(行動しないという)馬鹿なことをやってた」と、後悔しながら思うことがあるんじゃないかなーと。

その年齢でしか出来ないことを経験していって、良い年の重ね方したいですね。
で、年を重ねたら重ねたらで、

No! No different! Only different in your mind. You must unlearn what you have learned.
(違わない!お前が違うと思い込んでるだけだ。学んだことを捨てるのだ。固定観念を捨てろ。)

というマスター・ヨーダの教えを都合よく仰ぎたい(笑)

気になったCMでした。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
B004HB2KF6

MotorolaのBluetoothヘッドセットHK200の感想

車を買ってから運転中に使えるBluetoothヘッドセットが欲しかったので、先日モトローラのHK200を買いました。Amazonでやたら評判の良い(良すぎてレビューの工作員疑惑まで出ている)モトローラで一番安いモデルです。

一ヶ月ほど使ってみたので、ざっくり感想をまとめます。まずマルチペアリングとマルチポイントの違いをメモしときます。

マルチペアリングとマルチポイントの違い

この二つの違いは「マルチペアリングは複数のBluetooth機器情報を登録出来る機能。マルチポイントは複数のBluetooth機器の同時待ち受けが出来る機能。」ということです。

つまり、マルチペアリングは複数の機器を登録出来るだけで、Bluetooth携帯二台の同時待ち受けとかは出来ません。毎回毎回切り替えてやる必要があります。安い機種でもマルチペアリングは当たり前のようについてますが、マルチポイントは上位機種じゃないと付いていないようです。差別化のためかな。便利そうだもんね。

で、HK200の感想に戻ります。

良いところ

  1. 安い
  2. 小さくて軽い
  3. 音質が良い

悪いところ

  1. プラスチック感全開
  2. マルチポイントが出来ない
  3. 音楽が聴けない

こんな感じです。
良いところの1つめ、安いこと。モトローラの名前を冠していて、Amazonで2835円。他の廉価Bluetoothヘッドセットも同じくらいの値段で売ってますが、通信機器で名の通ったモトローラ製品がこの値段が買えるのは魅力です。

良いところの2つめ、軽いこと。びっくりするくらい軽いです。HK200に限ったことじゃないとは思いますが、小さくて軽いので付けていることを忘れちゃうほど。耳に付けたまま「あれ?ヘッドセットどこだっけ?」なんてことも割と普通にあります。メガネかけてても全然痛くない。これ、ちょっと感動しました。

良いところの3つめ、音が良いこと。上位機種と比べたら、「値段の割には」という枕詞がつくんでしょうけど、実用上は問題ないくらい音が良いです。電話の相手からも「声が聞き取りづらい」と聴いたことがないので、マイクの性能もなかなかだと思います。


・本体下部にあるスライド式パワースイッチ。ちょっと固い。

逆に悪いところの1つめ、プラスチック感全開なこと。質感は安いっぽいです。細かいすり傷もあっという間についちゃいます。とはいえ値段が値段だから仕方ないですね。軽さには貢献してると思います。

悪いところの2つめ、マルチポイントが出来ないこと。仕事用携帯とプライベート用携帯を同時に待ち受け出来なくて、ちょい不便です。

悪いところの3つめ、音楽が聞けないこと。Bluetooth機器で音楽を聴くにはA2DPという方式に対応している必要があるんですが、このHK200は対応してません。通話専用です。ついでにiPhone用Skypeでも使えないので注意が必要です。(これはSkype側の問題のようです。)


・本体後部にある充電用コネクタ


・マイク部は白くなってます。だいぶ目立つ。

結論

で、結論としては「損はしないBluetoothヘッドセット」でした。モトローラブランドが付いていて、値段が安い。音質も良い。小さくて軽い。面白みには欠けますが、エントリー機としては十分すぎるコストパフォーマンスを持つヘッドセットです。

【正規品】 MOTOROLA Bluetooth ワイヤレスヘッドセット ブラック MOT-HK200BK
B0043XY9I4

PADIアドバンスド・オープンウォーターダイバーを取得しました

先日、静岡県伊豆の大瀬崎でダイビング講習を受けて、PADIのアドバンスド・オープンウォーターダイバーを取得しました。今までのオープンウォーターダイバーからステップアップです。

アドバンスドなんて言っても、僕はまだ潜った本数がライセンス講習を入れて二桁も行ってないペーパーダイバーです。一年に一回潜ってるかどうかくらい。

伊豆は定番ダイビングスポットの一つで、大瀬崎もビーチに行くとたくさんのダイバーが居ます。ビーチが小さいせいもあるのか、一般の海水浴客よりもダイバーのほうがずっと多い。ちょっとだけビーチの近隣施設に年季を感じるけど、魚がたくさん居る良いダイビングスポットでした。

海の中で呼吸が出来て、身体がふんわり浮く感覚というのはなかなか不思議なもので、ただ漂っているだけでも楽しいんです。もうちょっと潜りに行きたいなあ。

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]
佐藤秀峰
B000HOL7I8

持ってて良かったiPhone

iPhoneユーザー増えましたね。電車に乗ると、車内の三分の一位の人がiPhoneを持っていたりして驚きます。

先日、今年還暦を迎えた父もiPhone4を買いまして。「使い方がわからないんだよー」なんて言いながら、嬉しそうに僕に報告の電話を掛けてきました。最初の内こそ戸惑ってたみたいですが、もともと機械好きな父なので、今は問題なく使いこなしてるみたいです。

仕事でずっとWindowsを使っていて、家でも自作PCを作っている生粋のWindowsユーザーの父に「アップルのインターフェイスってどう?」と聞いてみたら、「洗練されてる。さすがアップルという感じ。Macを好きになる人が居るのが頷ける。」という返事。ちなみに最初に入れたiPhoneアプリはSkypeだとか。

昨日、そんな父とそして母に会いました。カフェでお茶を飲んでるときに、話題が尾崎豊と息子の尾崎裕哉になりまして。尾崎豊ファンの母が「尾崎裕哉の歌声は聴いたことがない」というので、父と僕のiPhoneでYoutubeの動画を検索して、三人で聴いたんです。歌声を聴いた母は「似てるわねぇ、いいわねぇ」なんて言ってて。

父と同じケータイの話題で盛り上がって、母にそのケータイで動画を見せて、三人で話が盛り上がる。ケータイが家族の話題作りに役立ったことに、気持ちがほんわかしました。

父と僕が同じケータイを持つことが今までで初めて。こんな時間を過ごせたのは還暦の父にさえ欲しいと思わせたiPhoneの力かなと、「持ってて良かったiPhone」と思った土曜日の昼下がりでした。

iPhone 4 防指紋・光沢機能性フィルム(1set)PRO GUARD AF for iPhone 4 / PGAF-IPH4-R
B003RWQC9G

TUNEWEARのカーボン調iPhone4用ケース、Carbon lookを買いました。

先日遂にiPhoneデビューを果たしました。いやー、便利ですね。iPhone。Dropboxに放り込んだデータを出先で見たり、Evernoteに思いついたことをどんどん書いたり、使い方を模索してます(笑)

iPhone4は前後はガラス、周囲はステンレスで包まれていて、ズシリとした重さのある本体と相まって、実際に手で触ってみると所有欲をくすぐる高級感がありました。そんなわけで「傷がついたら嫌だなー」と思ってしまう気持ちと、例の受信感度低下問題(本体左下にあるステンレスバーの繋ぎ目を手で塞ぐと、受信感度がみるみる下がってしまう問題)とが相まって、ケースを付けることにしました。

Continue reading

THIS IS ITを観てきました。

THIS IS ITを観てきた。マイケル・ジャクソンは、観る人と出演する人の両方から本当に愛されていた人だったのだと思う。

THIS IS ITを観ると、マイケルのライブに対する尋常じゃないこだわりが垣間見える。マイケルは音の高低、曲のテンポ、キューの出し方、余韻の”間”の作り方、照 明の当て方、演出の全てを自分で把握しようとする。音楽のことを誰よりも知っていて、演出の一切を妥協しない貪欲さと謙虚さが感じられた。マイケルのダンスの才能は言うまでもなくて、もはや「神に愛された」としか思えない。50歳となったマイケルには、確かに全盛期のキレはなかった。それでも、若くて才能溢れるバックダンサーの中に居ても、マイケルは色褪せていない。それは動作と動作の間の作り方、細かい手や顔の動きといった小さな要素、でもマイケルにしか出来ない要素がいくつもあるからだ。

マイケルは劇中で何度も「観客が求めているのは~」という言葉を繰り返す。観客が何を求めていて、どうやったら観客の要求を満たすことができるの か、それを考えることを常に忘れない。決して自分の才能に溺れたり、自己満足に陥ることなく、観ている人を満足させようとする優しさがあった。この優しさ こそが、マイケルが多くの人から愛される理由だと思う。

マイケルと一緒に踊っているバックダンサー達は、何千人もの候補者がいたオーディションを勝ち抜いてきた、超一流のダンサーだ。同じようにドラ マーもギターも、ディレクターも、衣装のデザイナーも超一流のスタッフばかり。彼ら一人一人だって、多くの人々から尊敬を集めるような人々なはず。そんな彼らでさえ、みな嬉しそうに「マイケルと一緒に仕事が出来て幸せだ」と言う。マイケルの一ファンだってことが伝わってくる。彼らが、その道 に進んだ動機は様々だと思うけど、世界最高峰のライブに関わることが出来るような実力を得るまでには、多くの苦労や困難があったのは間違いない。そして、 マイケルが何年間もそうした人々の目標であり続けたことも。

誰かに「あの人のようになりたい」と思われる人物は、それだけで、その誰かに困難を乗り越える勇気を与えている。観る人を満足させて、出演する人 に勇気を与えるマイケルが、人々から愛されるのは当たり前だよね。そのことは、劇中のとあるバックダンサーの言葉に現れている。

人生はつらいだろ。それでも前向きになれる何かを見つけたかったんだ。それが、これだ(THIS IS IT)

このダンサーにとってマイケルは、亡くなる前もこれからも、心の支えであるような気がする。

前向きな気持ちでいるには、強い意志が必要だけど、自分独りで意志を保ち続けようとすると、どこかで限界がくる。何かにすがったり、誰かに頼った りしながら、それでも皆生きている。それを弱さとは言わないと思う。観客にもスタッフにも愛されたマイケルのライブが見られないまま終わってしまったことが本当に悔やまれる。きっと素晴らしいライブになっていたはずなのに。

THIS IS IT、お薦めです。ぜひ観て下さい。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT コレクターズ・エディション (1枚組) [DVD]
B002P66JOI